広告と実際の料金が異なる探偵に注意


日用品や電化製品など一般的な商品の広告には、商品の詳細や特徴などと共に料金が記載されていることが一般的ですので、購入者は広告を見て購入する商品を検討することができます。
また、広告の料金と実際の料金が異なることは余りありませんので、広告に記載されている料金に不安を感じる方は少ないのではないでしょうか。

一方で探偵の広告やホームページでは、料金が記載されていない場合も多く広告を見ただけでは料金が分から無い場合が少なくありません。また、広告の料金と実際の料金が大きく異なるケースもありますので、探偵の料金が分かり難いと感じたり不信感を抱く方も多いと思います。

探偵の業務内容を考えれば、広告と実際の料金が異なっても仕方がないケースもあるのですが、利用者を騙す意図があり敢えて安い料金を掲載している業者もありますので注意が必要です。
このページでは、広告と実際の料金が異なる探偵がある理由を紹介していきたいと思います。

❏【 目 次 】 広告と実際の料金が異なる探偵に注意


広告と料金が違っても仕方がない理由

探偵の料金は、広告に掲載されている料金と実際の料金が異なる場合があります。
探偵の行っている調査の性質から、広告の料金と実際の料金に違いが出てしまっても仕方がないケースもあり、このような場合には利用者もある程度は理解する必要があるのかもしれません。
また、料金が異なる理由を理解することができれば、探偵の料金を事前に把握することもできる場合もあります。
広告と実際の料金が異なっても仕方がない理由を紹介していきたいと思います。

調査の条件で料金が異なる

探偵の料金は、最も大きな経費である調査の人件費、つまり調査を行った時間と調査員の人数で決まります。
そのため、浮気調査や人探しなど同じ内容の調査を依頼した場合であっても、条件や難易度などが異なれば料金も大きく異なってしまいます。

例えば浮気調査の場合では、浮気が行われる日時が絞り込めている場合であれば短時間の調査で結果が出せる可能性が高いのですが、浮気が行われる日時が分からなければ複数日の調査が必要になる場合があります。調査に必要な時間が変われば経費も異なりますので、それに伴い料金も大きく異なることになります。
また、出口が複数ある場所での調査では出口の数だけ調査員が必要になりますし、警戒心が強い対象者の場合には調査員を途中で変更する必要があるケースもあります。調査員の人数を増やせば経費が増えることになりますので、その分だけ料金が高くなってしまいます。

このような事情から、調査の種類による総額を広告に掲載すると、実際の料金と異なってしまう場合があり、利用者に誤解を与えてしまう可能性があります。そのため、良心的な探偵業者は調査の総額を広告に掲載するのではなく、時間当たりの料金を掲載している傾向にあるようです。
調査の条件や難易度などにより総額が異なることは仕方がないことでもあり、利用者もある程度は理解する必要があるのかもしれません。

付随調査の有無で料金が異なる

探偵に依頼する調査にもよるのですが、付随する複数の調査が必要になるケースは少なくありません。
当然ではありますが、調査項目が多くなれば調査に必要な時間が長くなりますので、それに伴い調査料金が高くなっても仕方が無いと言えるでしょう。

浮気調査の場合で考えてみると、浮気をしているのかの事実確認のみを希望する方もいれば、離婚を有利に進めるために複数回の浮気の証拠が欲しい方も居ると思います。
また、浮気相手に慰謝料を請求するには浮気相手の住所や氏名の特定が必要になりますし、慰謝料の未払いを避ける為に勤務先の特定を行いたい方もいます。
その他にも、今後の対応を決めるために浮気相手が未婚か既婚かの確認が必要になる場合もあります。
このように、同じ浮気調査であっても複数の調査が必要になるケースがあり、複数の調査を行えば料金はどうしても高くなってしまいます。

広告などに掲載されている浮気調査の料金は、浮気の事実確認だけ依頼した料金であるケースが多く、その他の調査も依頼すれば総額が高くなることは理解しなければいけません。
複数の調査を依頼すれば料金は高くなってしまいますので、どの様な調査が必要なのかを良く考え必要な調査のみを依頼することが大切です。

調査に必要な経費が異なる

探偵の料金は、調査に利用した経費が別途必要になる料金体系が一般的です。
経費が込みの料金体系であれば追加料金は発生しませんので安心できるかもしれませんが、探偵の業務の特徴から経費を込みにすることは難しく、経費を別途請求する料金体系は利用者にとってもメリットがあります。

探偵の調査に必要な経費とは、電車や高速などの交通費、宿泊費、コインパーキング、外注費などが中心となるのですが、これらの経費は調査によって大きく異なる特徴があります。
例えば、市内などの近郊のみで調査が終了する場合であれば経費は余り発生しませんが、新幹線や飛行機を利用したり宿泊を伴うような調査であれば大きな経費が必要になります。また、タクシーの利用が必要であれば、市内の調査であってもある程度の経費が必要になることもあります。
その他、施設やホテル内に入らなければ調査が行えない調査では、入場料や宿泊代が必要になる場合もあります。

このような経費は、調査で実際に利用しているお金を探偵が立て替えているに過ぎず、探偵が利益を得ているお金ではありません。
経費を調査料金に込みにするには、予想される最大経費を上乗せしなければ採算が取れなくなってしまう可能性があり、料金をどうしても割高に設定しなければなりません。そのため、調査で実際に利用した経費を別途請求する料金体系は、探偵業者と利用者の双方にとってメリットがあり合理的であると考えられます。
このような事情から、調査で利用した経費は別途請求する料金体系が一般的で、経費が多く掛かる調査であれば広告の料金と支払総額が異なる場合があります。


悪質な探偵に多い料金の掲載方法

広告と実際の料金が異なる理由のなかには悪質なものもあり、探偵業者が広告に現実的ではない安い料金を掲載しているケースもありますので注意が必要です。
広告などに安い料金を掲載して問い合わせを増やし、契約に結びつけようとしている探偵も少なくないようです。不適切な料金を広告に掲載している探偵は、料金以外の面でも問題がある業者と思われますので利用を避けるようにしましょう。

広告に不適切な料金を掲載している探偵は、広告を注意して見れば分かる場合があります。
広告と実際の料金が異なる悪質な探偵に共通する特徴をご紹介させて頂きます。

安い料金を広告で強調している

探偵の広告では現実的でない安い料金を強調しているものが少なくなく、このような業者は広告と実際の料金が異なるケースがありますので注意しましょう。
探偵の料金は人件費が主な原価となりますので、経験とスキルがある調査員を利用すればある程度のコストは必要になり、他社と比べて大幅に安い料金で調査を行うことは難しいと考えなければいけません。
安い料金を広告に掲載している探偵は、他の探偵であれば含まれている費用が別になっていたり追加料金が高額である場合が多く、調査の合計費用が高くなってしまうことも少なくありませんので注意が必要です。

広告の安い料金に魅力を感じる方も多いと思いますが、相場とかけ離れた安い料金で調査を行うことは出来ないと考え無ければなりません。
また、広告料金と見積の料金が大きく異なる探偵は、利用を避けるべき探偵業者の分かりやすい特徴と言えるでしょう。

○○万円「~」の表示に注意

探偵の広告では、「○○万円~」と「~」を付けて料金を掲載している業者が多くありますが、このような料金の掲載方法を取っている探偵は実際にはこの料金では利用でき無い場合が多いようです。
「~」を付けている料金表示は、あくまでも最低の料金を掲載しているに過ぎず上限が決まっていないことを意味しています。つまり、料金を掲載していないことと同じ意味をもっており、この料金よりも高い料金が必要になると考えて良いでしょう。

明確な料金が決まっている探偵であれば「~」を付ける必要がありませんし、料金に幅がある場合でも「○○万円~○○万円」と記載することが可能です。最も安い料金のみを掲載したり最大の料金を掲載していない広告は、料金を安く見せかける目的以外の理由が考えられず悪意がある料金表示と言えるでしょう。
このような業者は、料金以外でも問題がある探偵である可能性がありますので利用を避けましょう。

調査項目で料金を掲載している

探偵の広告では、「浮気調査○○万円」「人探し○○万円」などのように、調査項目によって料金を掲載している広告を見かけることがあります。
このような料金表示は、利用者にとっては料金が分かりやすく良い探偵と思うかもしれませんが、注意しなければいけない料金の掲載方法と言ってよいでしょう。

探偵の調査では、調査に必要な時間と人数が原価の大部分となりますので、これらの原価に基づき料金を決めなければ経営は成り立ちません。
同じ浮気調査であっても、1日で結果が出せる場合もあれば長期間の調査をしなければ結果が出せない場合もあります。このことは、他の調査であっても同じことが言えますので、調査内容によって一律の料金を決める料金体系には無理があります。
そのため、調査内容によって料金を決めることは不可能であり、このような料金を広告に掲載している探偵は信頼してはいけない探偵の特徴と言えるでしょう。
利用者にとっては総額が分かり難いと感じるかもしれませんが、調査の時間当たりの料金を掲載している探偵を選ぶと良いでしょう。

料金の詳細を記載していない

探偵の料金は、「基本となる調査料金」以外に「諸経費」と「別途必要になる料金」があり、これらを合計した料金が支払総額となります。
そのため、「基本となる調査料金」がどれだけ安くても、その他の料金が高ければ支払総額は高くなってしまいます。悪質な探偵では「基本となる調査料金」のみを広告に安く掲載している場合が多いようです。

「諸経費」とは、調査で利用した交通費や宿泊代などになりますので、探偵が利益を得ている訳ではなく追加で発生しても仕方がない料金でもあります。
一方で、「別途必要になる料金」は、探偵が利益を得る目的で設定している探偵もあり、他の探偵であれば込みになっている費用が基本料金に含まれていない場合があります
良心的な探偵であれば、「別途必要になる料金」が適正に設定されていますので、利用者に理解して欲しいと考え広告にも詳細が記載されている傾向にあります。
一方で「別途必要になる料金」で利益を上げている探偵は、これらの料金を利用者に知られたくないと考えますので、広告に詳細な料金が記載されていないことが多いようです。

探偵の行っている業務では、必ず別途必要になるお金が発生するものであり、良心的な探偵であればこれらの詳細を広告に掲載しています。
別途必要になる料金が広告に記載されていない探偵は、これらを掲載したくない理由がありその殆どは探偵側の利益の為と考えられますので、利用を避けるべき探偵業者の特徴と考えて良いでしょう。

追加料金が記載されていない

高額な追加料金で利益を上げている探偵は、広告に追加料金の詳細を記載していない傾向にあります。
探偵の業務の性質から、ある程度の追加料金は仕方がないケースがあるのも事実ですが、このことを利用して利益を上げている探偵には注意が必要です。

適正な追加料金であれば、利用者も理解ができると思いますので、広告に詳細を記載しても探偵業者に不都合はありません。
一方で、高額な追加料金を請求している探偵は、どの様な追加料金が幾ら必要なのかを利用者に知られたくないと考え、追加料金の詳細を広告に記載していない傾向にあります。
追加料金についての詳細が広告に掲載されていない探偵は、高額な追加料金が請求される可能性がありますので利用を避けましょう。

調査実績の料金を公開していない

料金の透明性が高い探偵は、過去の調査実績の紹介などで実際の料金総額を掲載している傾向にあります。
過去の調査実績の紹介では、調査方法、調査に必要な時間、交通費などの実費、調査員の人数などの調査内容を詳細に掲載することで、利用者が調査方法や調査料金を知るための参考にできる目的で掲載しています。
しかし、追加料金が高かったり不透明な料金体系の探偵は、調査実績の料金を詳細に公開すると不都合が発生してしまいます。

悪質な探偵業者では、調査実績で料金を公開していない場合もあれば、公開していても基本となる調査料金のみを公開してしている場合が多いようです。支払総額の詳細を公開していない探偵は、公開したくない理由があると考えられますので注意が必要です。
過去の調査実績で、明確な支払総額を公開していない探偵の利用は避けましょう。


まとめ

一般的な商品の広告では、広告と実際の料金が異なることは殆どないと思いますが、探偵では広告と実際の料金が異なるケースが少なく無いようです。
探偵が行っている業務では、広告の料金と実際の料金が異なっていても仕方がない場合もあるのですが、このことを悪用して利益を上げている業者もありますので注意しましょう。

広告と実際の料金が異なっても仕方がないケースとは、調査員の人数や調査時間が長く必要な調査、付随する複数の調査を依頼した場合、経費が多く掛かる調査などがあり、このような理由で広告と実際の料金が異なることはある程度は仕方がないのかもしれません。

一方で、悪質な探偵では現実的でない安い料金を広告に掲載しているケースがあり、このような探偵は料金以外の部分でも問題がある業者である可能性が高いので注意が必要です。
悪質な探偵に多い料金の掲載方法をご紹介していますので、探偵を選ぶときの参考にして頂ければと思います。

探偵に調査を依頼するときには、調査で結果が出なければ料金が安くても意味がありませんので、料金以外の調査力や対応力も重要であることは間違いありません。
ただし、広告の料金表示はその探偵の考え方が分かる部分でもあります。
広告の料金表示に問題がある探偵は、料金以外にも問題がある可能性が高いと考えられますので、このような探偵は利用を避けるようにしましょう。