探偵の提供するサービスで結果が変わる


探偵の利用を検討されている方の多くは、何らかのトラブルや問題を抱えているのではないでしょうか?
トラブルや問題の解決を目指すときには、事実関係の確認や証拠収集が不可欠なケースも多いですので、探偵を利用することで解決することができる場合があります。

探偵の仕事は調査で結果を出すことであり、依頼者も調査で結果が出せる探偵を求めているでしょう。
ただし、調査結果が出れば希望する結果が必ず得られる訳ではなく、その後の対応次第では希望する結果が得られないことも少なくありません。
探偵にはトラブルを解決してきた多くの経験がありますので、その経験を活かし様々なアドバイスを提供している業者があります。
このようなサービスは、希望する結果を得る為の大きなメリットに繋がる場合があり、調査結果を出すことと同じくらい重要な部分でもあります。

探偵には提供できるサービスには様々なものがありますので、利用者に取ってメリットがあるサービスを提供している探偵を選ぶことが大切です。
このページでは、探偵が提供しているサービスで結果が変わる理由を紹介していきたいと思います。

❏【 目 次 】 探偵の提供するサービスで結果が変わる


探偵のサービスが大切な理由

探偵に調査を依頼し結果が出れば問題が解決する訳ではなく、その後の対応で結果が大きく異なるケースは少なくありません。また、探偵が調査を成功させるためには依頼者の協力が不可欠なケースもあります。
そのため、探偵は調査を行うだけでなく様々な付加サービスを提供しており、依頼者が希望する結果が得られるよう力を貸してくれる存在でもあります。
これらのサービスは、探偵の行っている調査業務とは直接関係がないかもしれませんが、依頼者にとって大きなメリットが得られることも少なくありません。
探偵が提供しているサービスは業者により異なりますが、代表的なものを紹介していきたいと思います。

調査が成功する確率を高められる

探偵が提供している付加サービスとは少し異なりますが、探偵だけでは調査を成功させることが難しい依頼であったとしても、探偵からのアドバイスを基に依頼者が協力をすることで結果が出せる場合があります。
探偵の調査では、事前に分かっている情報が多ければ調査の成功率を高めることができますので、依頼者に情報収集のアドバイスを行い協力を求める場合があります。また情報が多ければ調査が容易になるケースもあり、調査料金を抑えることができる場合もあります。
一方で、依頼者の行動や不注意が原因で対象者に警戒心を与えてしまうなどの理由で、調査の難易度が高くなってしまう場合も少なくありません。
依頼者は当事者ですのでどうしても感情的になってしまい、冷静な行動や判断ができない場合も少なくありません。探偵から注意点などのアドバイスが得られれば、不適切な行動を避けることができる場合も多いでしょう。
適切なアドバイスを行ってくれる探偵であれば、調査の成功率を高められるメリットが得られるでしょう。

希望する結果が得られやすくなる

探偵は過去に多くのトラブルを解決してきた経験がありますので、依頼者が希望する結果を得るためにどの様な証拠が必要なのかを知っています。
例えば、浮気が原因で離婚を成立させたいときには一度だけの浮気では認められない可能性がありますし、浮気相手に慰謝料を請求するときには配偶者が既婚者であることを知っていた証拠が必要になる場合があります。
このように、依頼者が知らない知識を探偵は多く持ており、その知識に基づき必要な調査を提供してくれますので、希望する結果が得られる可能性が高くなるメリットがあるでしょう。
少し前までの探偵は調査結果を出すことのみを業務と考えていた業者が多かったようですが、最近では依頼者の目的を達成するために様々な業務を行ている探偵が増えてきています。

問題がある行為を避けられる

探偵に依頼するような問題を抱えている場合には、相手との関係が険悪になっていることが多く、通常であれば問題にならない些細なことが大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。
そのため、相手に指摘されると不利になってしまう行為を行わないことが大切であり、探偵は避けるべき行動のアドバイスなどを行っています。
例えば、依頼者が事実を確認しようとして気付かないうちに違法な行為を取ってしまうこともありますし、慰謝料の請求などの和解交渉を恐喝や強要を受けたと主張してくる可能性も考えられます。
探偵は、どの様な行為を行うと不利になるのかを知っていますので、依頼者が問題がある行動を取らないようにアドバイスを行っています。

適切な判断ができる可能性がある

トラブルや問題を抱えている当事者は、感情的になってしまい冷静な判断が出来なくなっている場合も少なくありません。
感情に任せて出した結論は誤っていることも少なくありませんので、後悔をする結果にならないように冷静に判断をすることが大切です。
例えば、浮気が分かったときには感情的になってしまい離婚を考える方も多いと思いますが、離婚をした後の生活、子育て、親権なども考えて結論を出す必要があるのではないでしょうか。また、浮気相手への憎しみから慰謝料を請求したいと考える方も多いようですが、慰謝料を請求したことにより夫婦関係が悪くなり離婚に繋がってしまう可能性もあります。
このように、感情に任せて冷静さを失った状態で結論を出してしまうと、考えていなかった不都合が起こり後になって後悔をしてしまうことも少なく無いようです。
第三者である探偵から冷静な意見を聞くことができれば、適切な判断ができる場合があり大きなメリットとになるでしょう。

調査後の対応方法のアドバイスが得られる

探偵が行った調査結果や証拠があれば希望する結果が得られる訳ではなく、その後にどの様な対応を行うのか最も重要と言っても良いでしょう。
例えば浮気調査の場合では、浮気の有無を確認したり証拠を手に入れることが目的ではなく、浮気の解消、慰謝料の請求、離婚などが最終的な目的になるのではないでしょうか。
このような対応は依頼者にとって初めての経験となりますので、どの様な対応を取れば良いのか分からない方も多いと思います。
適切な対応をすれば希望する結果が得られる場合であっても、誤った対応を取ってしまったことで希望する結果が得られ無くなってしまう場合があります。また、不適切な対応を取ったことが原因で、トラブルに発展してしまう可能性も否定できません。
探偵には様々な問題を解決してきた経験がありますので、どの様な対応を取れば希望する結果が得られるのかアドバイスをしてくれる業者があります。
希望する結果が得られる為のアドバイスをしてくれる探偵であれば、大きなメリットが得られる場合があるでしょう。

依頼内容に最適な弁護士の紹介

全ての弁護士は法律に関する高い知識を持っているはずですが、どの弁護士に依頼をしても同じ結果が得られる訳ではありません。
弁護士には経験が豊富な分野や得意分野がありますので、依頼内容に適した弁護士に依頼することで良い結果が得られる可能性は十分にあるでしょう。
また、弁護士は裁判ではなく和解交渉を代理することがあるのですが、和解交渉では法律の知識だけで結論が出るものでは無く、交渉力やコミュニケーション能力が結果の違いに繋がるケースも少なくありません。このような能力は弁護士により大きく異なると言っても良いでしょう。
その他にも、弁護士にも個性がありますので、あなたとの相性が合うかも重要な条件となるでしょう。
探偵は多くの弁護士と関わってきた経験がありますので、依頼者に適した弁護士を紹介してくれることも一つのメリットと言えるでしょう。

必要な業者を紹介して貰える

探偵が行える調査や証拠収集だけでは結果を出せない依頼もあり、このような場合には依頼内容に対応できる業者を利用する必要が出てきます。
例えば、従業員の不正であれば社会保険労務士、ネットによる誹謗中傷は削除業者、夫婦関係の修復はカウンセラーの力が必要になる場合もあるでしょう。また、スマホやパソコンのロック解除、潜入調査、工作行為、指紋鑑定、DND鑑定などが必要になる場合もあります。
探偵によっては、このような業者と繋がりがを持っていますので、最適な業者を紹介して貰えることはメリットと言えるでしょう。


探偵が提供できないサービス

探偵が提供できないサービスは、法律で規制されているものと探偵の業務以外のものが中心となります。
法律で規制されている理由は依頼者の利益を守る目的のものが多く、法律で認められていない探偵が引き受けることでトラブルに発展してしまう可能性があります。そのため、ここで紹介するサービスを行っている探偵があったとしても依頼することは避けましょう。
また、探偵は調査が業務の中心になりますのので、調査以外の依頼は提供ができないものもあります。このような業務は、専門の業者にお願いする必要があるでしょう。 探偵が行うことができないサービスを紹介していきたいと思います。

違法行為に当たるサービス

探偵だけに言えることではありませんが、法律に触れるような行為を行うことは許されません。
探偵に依頼する方に多い要望として、相手に対して何らかの制裁を与えたいと考えている方も居るようですが、日本の法律では自力救済は認められていません。そのため、例え相手へ制裁が目的であったとしても、慰謝料の請求を除き違法行為になる可能性が考えられます。
例えば、浮気の事実を勤務先や家族にばらしたりネット上に公開する行為は、プライバシーの侵害となり慰謝料を請求される可能性が考えられます。また、名誉棄損と判断されれば最悪の場合には刑事責任を問われる可能性も考えられます。
もちろん、復讐で身体を暴力を振るったり物を壊したりすれば、刑事事件として法的責任が問われる可能性が高いでしょう。
その他にも、貸しているお金の返済や慰謝料の回収が目的であっても、方法によっては恐喝や強要など違法行為と判断される可能性もありますので注意が必要です。
探偵には特別な権限が認められている訳ではありませんので、仮に制裁が目的であったとしても違法な行為を行うことはできません

慰謝料請求などの示談交渉

慰謝料の請求や示談の交渉などは、原則として当事者が行う必要があるものであり、探偵が代理で行うことは法律で認められていません。
このような交渉は法律の知識が不可欠となりますので、弁護士以外が行うとトラブルに発展してしまう可能性も考えられ、依頼者にとっても大きなリスクがあると言えるでしょう。
そのため、「弁護士ではない者が、報酬を目的に、不特定多数に対し、法律相談や本人に代わって示談交渉を代理する行為」は非弁行為に該当し、弁護士以外(一部は司法書士も可能)が行うことは法律で禁止されています。
探偵が慰謝料請求などの示談交渉を行うと違法行為となりますし、仮に引き受けてくれる探偵があったとしてもトラブルに発展してしまうリスクが高く、依頼者の利益を考えれても利用するべきではありません。

グレーゾーンの行為はNG

違法行為とまでは言えないもののグレーゾーンに当たる行為は、適正に業務を行っている探偵であれば引き受けることはありません。
このような行為を引き受けてくれる探偵もあるかもしれませんが、トラブルに発展してしまう可能性がありますので利用しないようにしましょう。
例えば、別れさせ工作などには注意が必要です。
配偶者が浮気をしており配偶者と浮気相手を別れさせる工作であれば、法律に触れるような問題は無いのかもしれません。
一方で、配偶者との離婚を成立させる目的で、配偶者に不貞行為を行わせるような工作は問題があると考えられます。このようなケースでは、結果的に不貞行為を行ったのは配偶者になるかもしれませんが、その原因を積極的に作った側にも問題があると言えるのではないでしょうか。
そのため、離婚を認める正当な理由には当たらない可能性があるだけでなく、倫理的にも問題がある行為と言えるでしょう。
また、一方的に好意を寄せている異性に交際相手や配偶者がいる場合に、交際関係や婚姻関係を破壊するような工作を行うことも大きな問題があると考えられます。
その他にも、相手を陥れるような行為や正当性がない行為も探偵は引き受けることはありません。
このような行為は、明確に違法とは言えないのかもしれませんが、公序良俗に反する行為であり不適切であると言えるでしょう。


まとめ

優れた探偵は、依頼された調査を行うだけでは問題が解決できないことを理解しており、依頼者が希望する結果が得られるように様々な方法でサポートを行っています。
探偵への依頼を検討しているときには、料金が探偵を選択する大きな条件となる方も多いと思いますが、探偵が行っているサービスは非常に大きな意味を持つ場合があります。

依頼者によって魅力があるサービスは異なると思いますので、メリットを感じるサービスを提供している探偵を利用すると良いでしょう。
探偵が提供している付加サービスの多くは、調査の終了後の対応に関するものが多くなります。調査結果を基にどの様な結果が得たいのかを考えて必要なサービスを考えるようにしましょう。

一方で、探偵が提供できないサービスもあるのですが、提供できない理由は主に法律で規制されているものが中心となります。
法律で規制されている理由は、利用者の利益を守る目的である場合が多く、このようなサービスを利用すると利用者が不利益を被る可能性があります。
違法行為を探偵に依頼することは避けなければならないのは当然ですが、違法とは言えないグレーゾーンの依頼も避けるようにしましょう。また、弁護士のみが請け負うことができる和解交渉なども探偵には依頼しないようにしましょう。